リップスチャンバーの特徴
2サイクルチャンバー、トップコンストラクターである当社が開発、設計したミツオカマイクロカー専用チ
ャンバーが満を持しての発売となりました。

当社は、ミツオカのある販売店様に当社が全ての設計、開発をした商品を供給していた時期があり、
非常に好評を博してはいたようでしたが、納期的に遅いとの理由で「台湾(か中国)でコピー品を生
産する」と非常に面白い提案をなされた為、そちらの販売店様とは関係がなくなっておりました。

前々から当社製品だとご存知だった、あるヘビーユーザー様が、「製作を続けて欲しい」と熱意のあ
る説得により、開発が再開されました。販売店の名を冠したOEMチャンバーと違い、「リップス」ブラ
ンドで販売されるチャンバーは入る気合も開発時間も全く違ってきます。そのユーザー様の多大な協
力とバックアップと厳しい要求、以前製造モデルのネットでの評判などをお聞きして、完成度の高い
素晴らしい製品が完成し、満を持してリリースする事に至りました。ミツオカ用のあらゆるチャンバー
をお使いの方、当社の製作しておりましたチャンバーをお使いの方でも、自信を持ってお勧めできる
性能に仕上げております。ご購入いただいたお客様にもぜひとも「厳しい」ご感想、インプレッションを
お寄せください。それにより更に当社の製品が磨かれていき、更に洗練された製品へと刻々とバー
ジョンアップされてゆきます。設計の古いチャンバーや、信じられないほど粗悪で汚い作りの国外
製、シャーシダイナモすら所持していない国内「マフラー製造所」制作チャンバーのように少しウエイト
セッティングを外しただけで走らないようなチャンバーと比べ驚くような懐の深いチャンバーに仕上が
っております。

スクーター系エンジン用チャンバーでは数少ない、駆動系ロックをして実回転でのパワーグラフを検
証してシャーシダイナモテストを繰り返されたチャンバーです。当然実走テストも繰り返し完成したミ
ツオカチャンバーは、以前製造していたミツオカ用チャンバーとはかけ離れた洗練度を誇るモデルへ
と変貌いたしました。以前制作モデルからの変更点は数え切れないほど多岐にわたり、取り回しの
変更。音量低減の為の板厚アップ(0.8mmから1mm)。サイレンサー仕様変更による静粛性アッ
プ。ボディー各テーパー角の最適化によるパワー、トルクアップ。スーパーディオシリンダーへの換装
互換性。更なるボアアップへの対応能力の向上・・・と、挙げていくときりのないほどの変更点となり
ます。当社の開発能力をフルにつぎ込み完成した自信作となっております。
 
トルク型、高回転型とお客様の好みに合った特性により、泣けるほどパワーがなく交通の流れに乗る
事すら困難なMC-1が驚くほどの加速性能や壮絶な最高速性能を発揮いたします。パワーが薄く高
回転が回るだけで、最高速に到達する時間が遅い、時代遅れの古い設計のチャンバーとは一線を画
す仕上がりとなっております
 
もちろんボディー製法は「純国産」スクーターエンジン用チャンバーとしては唯一「金型プレス」を採用
しており、滑らかで美しい仕上がりと驚異的な精度、性能安定度を誇ります。1個数百万円と尋常と
はいえない設備投資のかかる「金型プレス」は、最近流行のお金のかからない「流体プレス」や、ま
してカクカクして、排気の引っ張り効果の薄い「手巻き」やただの鉄パイプとは次元の違うものとお考
えください。もちろん「ミツオカ専用」金型で製造されております。
 
スタッドボルトの角度の違うディオ用シリンダー装着時の互換性確保のために当社独自の回転式フ
ランジにした事で、何ら変更することなく、市販ボアアップキットなどを装着する事が可能となっており
ます。また、フランジ固定式ですので性能を大幅に落とす排気漏れや、エンジン回りを汚く汚すオイ
ル漏れとも無縁の仕様となっておりますのでご安心ください。
 
ボアアップキット装着の場合も写真の脱着式「排圧パイプ」を外す事により、非常に高いボアアップ対
応能力を発揮いたします。50cc用チャンバーをボアアップに装着した場合に多発する「焼き付き」や
「異常な高回転仕様」を回避できる仕様となっております。
 
50cc時でも排圧パイプを外す事により標準状態と比べ更にトルク型の特性にワンタッチで変更でき
ますので、マニアックなお客様も十分に満足いただけます。

 チャンバーというものは、お客様チューニングに対するお考え、ライフスタイル、好み、排気量、ポート
タイミング、常用変速回転数・・・などなど、ありとあらゆる要素によって選ぶべきものと当社は考えま
す。1本でどのようなお客様でも満足のできるチャンバーは存在いたしません。スプリング、ボルト以
外の全てのパーツを自社工場内で製造、加工することのでき、馬力測定機械さえも完備した当社だ
からこそできる、きめ細かなラインナップが自慢です。どのようなモデルを選んだら良いのかとお困り
のお客様はどうぞお気軽にお問い合わせ下さい
 
ボアアップキット装着時、50cc用チャンバーとはかけ離れた性能を発揮するボアアップ専用チャンバ
ーも発売予定で、トルク型、中間型、高回転型、フルチューン用と、お客様のチューニングスタイルに
合わせた4タイプの特性にて発売いたします。
 
基本的にキャブセッティングはノーマルで問題のないように仕様を調整いたしておりますが、ノーマル
と比べあっという間に最高速に到達いたしますので、最高速で引っ張り続けたいと思われるお客様
はMJ及びSJを説明書に明記してあるの番数に変更をお願いいたします。2サイクルはCDIの特性に
よる適正点火タイミングからのずれ(遅れ)の為、ピークパワーを超えた時点から排気温度が極端に
上昇いたします、ピーク回転数+1500rpmも回してしまうと、一番馬力の出ている回転数の排気
温度に対して2倍近い排気温度となります。ご自身の「どのような仕様にしたい」かを十分にお考え
の上チョイスしていただければとお思います
 
特に「フォックスバット」はプーリーすら変更していないCDI変更のみのライブDIOで100キロオーバ
ーを記録したり、2サイクル4輪バギー50ccクラスのレースで常勝、スクータードラッグレースでシリ
ーズランキングインなどしている実績のあるホンダ系用高回転型ボディーを採用しておりますので、
スクーターエンジンに精通しセットアップ能力の非常に高く、50ccにこだわりのある上級者様には、
これ以上無い最高の相棒となります。もちろん常用する変速回転数が高くなりますのでエンジン、駆
動系の消耗はファルクラムと比べ悪くなりますが、最高速域で引っ張ったときの対焼き付き性能は比
類の無いものとなっております。

 
数値やお客様を不安にさせたり混乱させるような物言いや能書きだけでは見えてこない、実際に使
った人だけがわかる、2011年現在、最高峰レベルのレースで猛威を振るうトップコンストラクターの
技術と開発に対する姿勢と熱意、ゆるぎない自信。製品を磨き上げるプレスエキゾーストすら採用し
ていないような、当社の開発、製造したミツオカチャンバーの粗悪コピーが横行する「理由」のわか
る、オリジナルモデルを更に熟成させた、その性能と、「本当の意味」できちんと改良、性能向上を重
ねた2011年最新バージョンをどうぞご堪能ください。
 
ラインナップ的なセットアップの要求に関しましては
 
ファルクラム、フルバック
ノーマルクラッチで問題ありません、プラグ交換、ウエイトローラー調整でOKです
 
フランカー
ノーマルクラッチでもぎりぎり問題ありませんが、できればスプリングの強化や、軽量クラッチの装着
によりクラッチミートタイミングの高回転化をお勧めいたします。
 
フォックスバット
軽量クラッチ、センタースプリング、デイトナ等の耐久性の高いウエイトローラーやベルトの装着が必
須となります。
 
あまり駆動系のセットアップやエンジンのこまめなメンテナンスや駆動系の消耗に気を使いたくない
ようでしたらファルクラム、フルバックがよろしいかと思います。